子供の乳歯が虫歯になりやすいタイミングと位置

実は驚くべきことに、子供の乳歯が虫歯になるタイミングというのは、
早い人だと生えた瞬間から危険性があるということが言われています。

乳歯は虫歯になるとその進行が早く、広範囲に広がりやすいので治療も大変です。

ですから、早期発見と早期治療が大事になりますが、
そのためには虫歯が発生する原因を押さえなければなりません。

 

大人と子供では虫歯のできやすい位置に違いがあります。

大人は奥歯の真ん中に穴が開くことが多いですが、
子供の乳歯の場合は歯と歯の接点で、虫歯になることが多いです。

特に上顎の前歯の間で虫歯になることが多いのですが、これは主に飲み物が原因です。

哺乳瓶を使うと前歯が飲み物に直接触れますので、
ミルクやスポーツドリンクを哺乳瓶で飲み続けていると虫歯になりやすくなります。

早めにコップやストローを通して飲めるようになるよう教えていきましょう。

 

また、虫歯の多くは生活環境によってできてしまいます。

歯磨きの頻度や質、普段の食事の内容、親の関心などなどが影響してきます。

虫歯は治すと言っても、削ったり詰め物をしたりするだけで、
元の歯が戻ってくるわけでも、
元の歯と同じ硬度をもった物質を詰めるわけでもないので、
生活が改善されなければ結局繰り返してしまいます。

 

大事な子供の歯を守ろうと思ったら、
家族で一丸となって虫歯の原因となる生活習慣を直していかなければなりません。

ご家族にも状況をよく説明して、協力してもらえるように心がけましょう。

子供の乳歯は虫歯になりやすいことを知る

子供の乳歯は虫歯になりやすく、そして進行も速いので対策が難しいです。

それは子供が甘いものが好きだからという面がどうしてもあり、
それに加えて歯磨きが難しいということが拍車をかけています。

虫歯になってから治療することはできなくありませんが、
原因を知らないと繰り返しますので、虫歯の治療を考える前に、
まずは子供の乳歯の虫歯の発生原因について少し考えてみましょう。

 

■ 子供は甘いものが好き
言うまでもなく、子供は甘いものが好きです。

子供かわいさに、ご機嫌を取ろうとして甘いものばかりあげていると、
いつの間にか虫歯になり、その進行スピードも速くなってしまいます。

自分では注意しているつもりでも、外出時や預けた場合は難しいもの。

ご両親に子供を預けた時の食事やおやつまで管理できていますか?

親の気づかない間に、子供は甘いものをたくさん食べていることも少なくないのです。

 

飲む物も、甘い飲み物を飲ませることが常習化すると、
水分がほしくなってまた甘い飲み物を求めるようになってしまいます。

ジュースをあげるのも頻度を考えながら、ごほうび程度にしましょう。

 

また、果糖なら大丈夫と言う話もありますが、
甘いものはクセになりやすいので、
お茶やお水が無難ですし、口の中をゆすぐこともできておすすめです。

子供の食事習慣は大人になってからも影響が大きいので、
最初からいい習慣をつけさせてあげましょう。