すそわきがを直す手術

すそわきがは、普通のわきがのようにアポクリン腺から出る汗によるものです。ですので、普通のわきがのように、アポクリン腺の除去手術をすることで一気に改善されます。

すそわきがを手術で治す

わきがのアポクリン腺の除去手術は、それほど難しくなく、むしろ簡単に終わるものですが、すそわきがだと残念なことに一度除去手術をしたからと言って、完治するものではありません。ですので、実はあまり効果的な治療ではないのです。

なぜかというと膣や女性器周辺のアポクリン腺が、非常に複雑に分布しているためです。つまり手術の難易度が、通常のわきがよりも高いのが特徴で、これが最も大きな欠点なのです。

実際、美容クリニックなどでも、すそわきが治療でアポクリン腺の除去手術はそれほど積極的には展開されていません。

すそわきがには剪除法も効かない

わきがには、剪除法という方法があります。わきの下のアポクリン腺は割とまとまって分布しているので、その部分を皮膚ごとごっそり取り除くという方法です。

しかし、膣や女性器周辺のアポクリン腺はわきのしたよりも複雑に分布しているため一部分の皮膚を一気に取り除いたところで、意味がないのです。

 

さらに、たとえデリケートゾーンの剪除法をやったとしても、健康保険の適用は受けられないためデリケートゾーンを剪除法でアポクリン腺の除去手術をするとしたら、非常に高額な費用が掛かることになります。

ですが、有効な手術がないわけではありません。「電気凝固法」という方法なら、高い効果が見込めます。

すそわきがを「電気凝固法」で治す

電気凝固法とは、電気針を刺して電気を流し、アポクリン腺を焼き固めて汗の分泌を抑えるというものです。とても痛そうですが、実は痛みは全くなく、傷口も非常に小さいもので済みます。

しかも費用はおよそ15万円前後と、脱毛よりは高いものの現実的な範囲なので、とてもおすすめです。前述の剪除法によるアポクリン腺の除去手術よりかは遥かに安価に済むので、手術をするならこの手法でやってみてはどうでしょうか。

 

ただ、複数回の手術が必要になる可能性があるのが欠点ですので、経済状況などを踏まえてしっかりと慎重に考えてください。

ちなみに、吸引法というアポクリン腺の除去手術もありますがこれもデリケートゾーンにはあまり適していません。敏感な部分なため、できることはとても限られていますが、様々なことを考えて、対策してみましょう。

コメントを残す