トレチノインであそこの黒ずみを改善

あそこの黒ずみは多少ならばともかく、ひどいと深刻な悩みになります。あそこが黒ずむ原因は、外的な刺戟から皮膚を守ろうとして、体内でメラニン色素が生成され、それがあそこの皮膚に沈着するからです。

この作用は自然で、悪いことではないのですが、皮膚に沈着したメラニン色素が黒色なのが問題になります。

黒ずみを改善するトレチノインという成分

あそこの黒ずみは皮膚の細胞に混じりますから、石鹸などで洗ってもとれません。そこでいわゆる美白効果に頼ることになります。

つまり皮膚に沈着したメラニン色素を漂白あるいは代謝で取り去るのですが、そのために使われるのがトレチノインという成分です。これは病院の皮膚科や美容クリニックで処方してくれます。

トレチノインとはどんな成分なのか

トレチノインは人間の血液中にも微量ですが含まれている成分です。したがって人体に使っても拒否反応が起きることはないとされています。

トレチノインの正体はビタミンA誘導体の一種で、生理活性作用はビタミンAの100倍もあります。ちなみに欧米では医薬品として認可されていて、シワ消しやニキビ対策、あるいはシミを含む黒ずみ対策に使われています。

トレチノインの作用原理

トレチノインの黒ずみ改善の作用原理は、皮膚のターンオーバー改善です。ターンオーバーとは皮膚の細胞が生まれ変わるサイクルのことです。

皮膚の細胞は古い角質が除去されて、新しい角質と入れ替わります。したがって、ターンオーバーで皮膚は常に潤いをキープしますし、古い角質にあるシミや黒ずみが排出されるというメカニズムです。

トレチノインは副作用がネック

以上のトレチノインの作用原理が有効なら、もっと使われても良さそうですが、実は効果がある反面、皮膚への刺激が強いというネックがあります。

ただでさえ薄くて敏感なあそこの皮膚の角質層が荒れるというデメリットがあり、そのため、あまり積極的に使用されないのです。