ちょっとした工夫であそこのニオイ対策

あそこの悪臭の誘因は雑菌です。ですが「雑菌なんて目視できないんだから、どうしようもない!」などと考えてはいけません。ちゃんと打つ手はあります。

解消の手立ては2通り

陰部の悪臭を解消する手立ては主に2個あります。まずは膣の中にダイレクトに働きかけ、悪臭の誘因菌(=悪玉菌)の繁殖をブロックするという手立てです。

もう1個は、あそこではない箇所に働きかけて、(言葉は少々悪いですが)悪臭をごまかすという手立てです。

善玉菌を保護できるような配慮を

悪臭の発生源はまんこなのですから、陰部をきちんと洗うという手立ては基本的に正しいです。しかし洗う手立てがマズいと、悪臭が余計にキツくなってしまいます。

代表的な例は、雑菌の内の善玉菌を消し去ってしまう事などです。善玉菌には、悪臭の誘因菌の繁殖をブロックするパワーがありますから、これを滅するのは論外なのです。

◇ハイパワーすぎる石鹸は避けましょう
つまり「善玉菌を保護する必要がある」という事ですね。しかしあそこの悪臭は、かなり自身の精神を蝕むものなので、分かっていてもハイパワーな石鹸を採用しがちです。でもやはりそれは大抵駄目なので、気持ちをグッと抑え込みましょう。

本当に用いるべきなのは、膣の中にマッチした弱酸性で、かつ皮膚への刺激が小さい系統の石鹸です。ちなみに、美容液に関しても同じです。

◇すすぐお湯の温度にも留意!
「控えな石鹸を用いるのだから、せめてアツアツのお湯で目一杯洗浄してすすぎたい!」と感じるのも無理からぬ話です。そして、菌類や細菌類が熱に弱いという事実もこの気持ちを後押ししているような気がします。

実際アツアツのお湯を使えば、悪臭の誘因菌を「かなり」消し去る事が叶うかもしれません。しかしそれは「かなり」であって「100パーセント」ではありません。そして、熱過ぎるお湯を用いれば先述の善玉菌まで消し去ってしまう事になります。

 

いずれ「善玉菌が少ないという状況」を良い事に、生き残っている悪臭の誘因菌が復活して、どんどん繁殖していってしまうのが関の山です。

膣の中の細菌類の調和が乱れ、再び同等かそれ以上の悪臭で頭を抱える事になってしまいます。。

フレグランスでごまかす場合は?

香水でごまかすというのも有効です。考え方としては、汗臭さをごまかす場合と一緒だと捉えて下さい。しかし、陰部に直にフレグランスを振りかけるのは原則NGです。

デリケートゾーンの悪臭とフレグランスの香りが組み合わさって、余計に陰部の悪臭が目立ってしまう可能性が高いです。脇の下等にフレグランスを用いる際も同じことが言えますので、気を付けましょう。

 

ですから、あそことは関わりの無い「首筋」や「耳の裏」や「手首」などにフレグランスを用いるようにしましょう。大事なのは、とにかく臭い同士をぶつからせない事です。

「用いる箇所」と「使用量」にさえ気を付ければ、フレグランスを用いる手立てもなかなかに有意義ですよ。

あそこの毛を脱毛して臭いを抑制する

すそワキガはデリケートゾーンの悪臭の原因の一種であり、それが悩みの種になっている方も多いようです。ここでは、すそワキガの臭い除去に有効な手段を紹介します。

すそワキガの臭いを抑制するには陰毛の脱毛を

すそワキガの臭いを抑えるには、陰毛の脱毛処理が有効です。つまり、デリケートゾーンのVラインとIラインの毛を、脱毛処理するのです。可能ならばOラインに関しても脱毛を施しましょう。

デリケートゾーンの周囲にある陰毛には、垢や皮脂、そして汗などが付いており、それらが分解を経て酸化すると、すそワキガ特有の臭いが生じます。

ですから、陰毛を脱毛すれば、皮脂や汗、汚れが付いていない状態になり、デリケートゾーン全体が清潔になるのです。こうなれば当然、臭いも除去できているはずです。

陰毛の脱毛は自力では難しい

上記のように、すそワキガの臭い除去には、陰毛の脱毛処理が有効であるとお分かりいただけたかと思います。ただ冷静に考えれば、陰毛の生えている場所を自力で脱毛処理するのは困難ですし、そもそも危険です。

近年では沢山、脱毛をしてくれるサロンが存在しますし、もちろん医療機関でも、陰毛の脱毛処理を行ってくれます。

当然高評価を集めているきちんとした場所で、脱毛処理をしてもらう必要がありますが、その際はVIO脱毛を受ける事になります。

VIO脱毛で、すそワキガの臭いを除去

VIO脱毛は、違う呼び方に「ハイジニーナ脱毛」というものがあります。美容に限定せず、デリケートゾーンの臭いで悩んでいる女性の間で、流行しています。

ただ、VIO脱毛を行える医療機関や、サロンを選択する場合は、高評価が集中しているところを選びましょう。脱毛サロンや病院は多数存在しますから、脱毛技術にも差異があります。毛後の仕上がりや、その後のケアに違いが生まれるのです。

ですから、どこでも一緒だとは考えない事が大切です。