すそわきがの原因を知って臭い対策

あそこが臭う症状を指して「すそわきが」と言います。「それなら、女性の大半はすそわきがなのでは……」と感じるかもしれませんが、一般的な汗の臭いを離れた、酷いレベルの臭いになっているもののみを、すそわきがと言います。この点はわきがと同様ですね。

すそわきがの誘因は?

誰しも発汗すれば、陰部や脇の下から多少は臭いがするはずです。ただ、すそわきがやわきがの場合は「発汗して細菌が付いてちょっと臭う」程度では収まらないかなりの臭いが生じる事になります。

さて、ここからすそわきがの誘因などについて述べていきます。すそわきがとわきがの仕組みはかなり似通っていますので、応用できる部分もあると思います。

◇アポクリン汗腺からの発汗が誘因
すそわきがの異臭が酷いのは、脇の汗と同等「アポクリン汗腺」からの発汗が誘因です。アポクリン汗腺は、毛穴の奥まった部分にあるので、まんこと脇の下の周辺のほぼ全部の毛穴から異臭が発せられる事になります。

ちなみに、アポクリン汗腺は乳輪の近くにもあり、乳輪が臭う事もあります。乳輪の位置から臭いがする症状の事も「すそわきが」と言いますが「ちちが」と言う場合もあるようです。

また、アポクリン汗腺の数量に関してはほぼ遺伝によって定まっており、個々人による差異が比較的大きくなります。ですから、体臭の程度は1人1人で違っているのです。

◇汗を分解する工程で悪臭が発せられる
汗は細菌類により分解されますが、その工程で悪臭が生じます。特にアポクリン汗腺からの汗は、普通の汗腺(エクリン汗腺)からの汗とは成分が違い、分解中に異臭を生じさせる成分が多量に入ってしまっています。

具体的には、脂肪、尿素、アンモニアなどです。これらが皮脂腺から出る脂肪酸と組み合わさる事で、異臭が生じるのです。

引用元:あそこ臭い改善

すそわきがの軽減の手立て

すそわきがの異臭が生じる仕組みは上記の通りです。そして、異臭の最大の誘因はアポクリン汗腺です。「アポクリン汗腺の数は遺伝するわけだし、どうしようもないんじゃ……?」と感じるかもしれませんが、もっと身近な手立てがあります。

アポクリン汗腺の除去手術など大袈裟な手立てを取る前に、ぜひ試してみて下さい。

◇食習慣を改めてチェック!
実は疾患の大半は、生活習慣に誘因が潜む「生活習慣病」にカテゴライズされます。「すそわきがも生活習慣病の一種」と言えるかどうかは微妙なラインですが、何にせよ、生活習慣をチェックするという事に意味がないはずはありません。と言うより、健康全般に関する基本ですよね。

すそわきがに関しては、食習慣に誘因が潜んでいる場合が多いです。肉類をたくさん摂っている人ほど、わきがやすそわきがになりやすいと見られています。

◇すそわきがの傾向
女性のすそわきがは、ホルモンバランスが崩壊した折に生じる場合が多いです。例えば、セックス後や生理期間中などです。これを知ったからと言って、即座に症状の軽減につなげる事は叶わないでしょうが、傾向を把握しておけば、軽減のためのケアをはじめ役立つ場面は多々あると思います。

すそわきがを直す手術

すそわきがは、普通のわきがのようにアポクリン腺から出る汗によるものです。ですので、普通のわきがのように、アポクリン腺の除去手術をすることで一気に改善されます。

すそわきがを手術で治す

わきがのアポクリン腺の除去手術は、それほど難しくなく、むしろ簡単に終わるものですが、すそわきがだと残念なことに一度除去手術をしたからと言って、完治するものではありません。ですので、実はあまり効果的な治療ではないのです。

なぜかというと膣や女性器周辺のアポクリン腺が、非常に複雑に分布しているためです。つまり手術の難易度が、通常のわきがよりも高いのが特徴で、これが最も大きな欠点なのです。

実際、美容クリニックなどでも、すそわきが治療でアポクリン腺の除去手術はそれほど積極的には展開されていません。

すそわきがには剪除法も効かない

わきがには、剪除法という方法があります。わきの下のアポクリン腺は割とまとまって分布しているので、その部分を皮膚ごとごっそり取り除くという方法です。

しかし、膣や女性器周辺のアポクリン腺はわきのしたよりも複雑に分布しているため一部分の皮膚を一気に取り除いたところで、意味がないのです。

 

さらに、たとえデリケートゾーンの剪除法をやったとしても、健康保険の適用は受けられないためデリケートゾーンを剪除法でアポクリン腺の除去手術をするとしたら、非常に高額な費用が掛かることになります。

ですが、有効な手術がないわけではありません。「電気凝固法」という方法なら、高い効果が見込めます。

すそわきがを「電気凝固法」で治す

電気凝固法とは、電気針を刺して電気を流し、アポクリン腺を焼き固めて汗の分泌を抑えるというものです。とても痛そうですが、実は痛みは全くなく、傷口も非常に小さいもので済みます。

しかも費用はおよそ15万円前後と、脱毛よりは高いものの現実的な範囲なので、とてもおすすめです。前述の剪除法によるアポクリン腺の除去手術よりかは遥かに安価に済むので、手術をするならこの手法でやってみてはどうでしょうか。

 

ただ、複数回の手術が必要になる可能性があるのが欠点ですので、経済状況などを踏まえてしっかりと慎重に考えてください。

ちなみに、吸引法というアポクリン腺の除去手術もありますがこれもデリケートゾーンにはあまり適していません。敏感な部分なため、できることはとても限られていますが、様々なことを考えて、対策してみましょう。